無印 の ベッド は 引き取り してもらえる?詳しく解説!

今回は無印良品では 無印 で買った ベッド などの家具は 引き取り してもらえるのか?について解説します!

引っ越しや、年末の大掃除などで出てくる家具などの処分にお悩みの方はいませんか?

それではいきましょう!

スポンサーリンク

無印良品の引き取りサービス

まず、無印には不要家具の引き取りがあるのかについて最初にお答えします

ズバリ、あります

しかし、条件があります!

それがこちら

「対象商品」に限り、新しい商品をお届けする際、購入商品と「同種」かつ「同数」をお引き取りいたします。

つまり、無印良品で新たに商品を購入し、届ける際に同じ種類同じ数だけ引き取りしてもらえるということです!

新たな商品を購入して、届く日に不要家具を引き取ってもらう形になります

大型商品で吊り下げ作業が必要な場合は、後日の承りとなり、別途3,000円(税別)かかります

注意点

引き取りがあると分かりましたが、ここで注意点があります!

これらにあてはまると引き取ってもらえないのでご注意ください

不用品引き取りのみ

不要家具の引き取りサービスはありますが、不要家具のみ引き取ってもらうことはできないということです

新たな商品を購入し、届けてもらう際に交換という形で引き取ってもらうことができます

配送日前日、当日、または配達完了後

新しく買った商品が配送される前日より前に、できるだけ早めにお問い合わせするようにしましょう

異なる種類の商品の場合

もちろんですが、新たに購入した家具と、引き取ってもらう家具は同じ種類でないと引き取ってもらえません

お届け先ご住所と異なるご住所からの依頼

新たな商品の届く住所と、不要家具を引き取ってもらいたい住所が異なっていても引き取ってもらえません

組み立て式の家具を解体していない

無印の家具には組み立て式のものもあります

引き取りをスムーズに行うために、組み立て式の家具はあらかじめ解体しておくようにしましょう

状況によっては引き取ってもらえなくなってしまう場合があります!

スポンサーリンク

対象の注文商品

新たな商品を購入し、配達の際に引き取ってもらうことができます

新たな商品として対象となるのはこちらになります

  • 脚付マットレス各種
  • ベッド各種
  • ベッド用マットレス各種
  • ソファ(体にフィットするソファは除く)
  • テーブル(ダイニングチェア、デスク、折りたたみ式テーブル、子供用テーブル、こたつは除く)
「脚付マットレス」1点をご購入の場合は、ベッド1点とマットレス1点の両方を引取ってもらえます

脚付きマットレスについて知らない方は「脚付マットレス」が一人暮らしに超おすすめなベッドの理由!をご覧ください!

同種引き取り不可商品

同種の家具なら引き取ってもらえますが、これらの商品は引き取り不可となっています

  • 電動ベッド、ウォーターベッド
  • 布団、まくら、クッション各種
  • 体にフィットするソファ、座いす、ベンチ、マッサージソファ
  • ダイニングチェア、こたつ、学習机

※これらの他にも引き取りできない商品があるので、お問い合わせの際に聞いて確認してください

あとがき

今回は無印良品で購入したベッドや家具などは引き取りしてもらえるのかについて解説しました

引っ越しや大掃除の際に、家具の入れ替えでしたり、処分に困るという方も多いと思います

無印では新たに商品を買った際に、同じ種類で同じ数だけ引き取ってくれるサービスを行っています

処分にお金がかかってしまうというときにこういったサービスがあると助かりますよね!

注意点だけ確認してからスムーズに引き取ってもらえるようにしましょう!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする