無印良品の名刺入れ!値段、高級感、耐久性、コスパ。あなたは何を重視する?

どうもこんにちはといぼーろです!

今回は無印良品「名刺入れ」を目的別で紹介します!

社会人の必須アイテム名刺入れ、何を重視するかによって素材、仕様も少しずつ違います
何種類かあるなかでおすすめを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

名刺入れ

社会人になったら必須アイテムである「名刺入れ」

長く使うものから、とりあえずコスパ重視の人、さまざまだと思います!
そこで無印良品ではどれを重視しているかによって、それぞれの良さがあるので紹介していきます!

安さで選ぶならこれ

ポリプロピレンカードケース・ダブル
税込 290円

ポリプロピレンカードケース・ダブル
ポリプロピレンカードケース・ダブル
出典:無印良品|名刺入れ

まずはこちらのポリプロピレンカードケース・ダブル

おすすめポイントは290円というリーズナブルなところです!
ポリプロピレンという素材を使っているので、比較的安くなっています

収納枚数は約30枚で、表・裏の両方から入れられるようになっています
それぞれ開き方が違うので、表と裏で分けて使うことが可能です!

特に素材なども気にせず、安いのがいい!という方におすすめです

高級感で選ぶならこれ

イタリア産ヌメ革名刺・カードケース
税込 3900円

イタリア産ヌメ革名刺・カードケース
イタリア産ヌメ革名刺・カードケース
出典:無印良品|名刺入れ

続いてこちらがイタリア産ヌメ革名刺・カードケース

おすすめポイントは使うほどにツヤが増すヌメ革からあふれる高級感です!
色も生成・赤・黒と3色展開で無地で可愛いけど大人っぽいです
その分値段も上がりますが、長く使って味を出していきたいのならとてもおすすめです

ストッパーが無いのですべって中の名刺が落ちないように注意しなきゃいけないのが難点です

長く愛用していきたい方や、値段は上がっても質の良い名刺入れが良いという方におすすめです!

スポンサーリンク

耐久性で選ぶならこれ

ステンレスカードケース 厚口・薄口
厚口(約25枚) 税込 590円
薄口(約15枚) 税込 550円

ステンレスカードケース 厚口
ステンレスカードケース 厚口
出典:無印良品|名刺入れ

続いてこちらがステンレスカードケース 厚口・薄口

おすすめポイントはステンレス素材で耐久性に優れている点です!
のちに紹介するアルミ素材より断然耐久性があり、光沢感もあります

厚口と薄口で2種類あり、それぞれ約25枚約15枚収納となっています
40円しか変わらないので個人的には厚口がいいかなと思いました

しっかりとした素材で錆びずに長く使いたいという方におすすめです!

コスパで選ぶならこれ

アルミカードケース
Lサイズ(約45枚)  税込 590円
プッシュ式(約40枚)税込 490円

アルミカードケースL
アルミカードケース
アルミカードケース
出典:無印良品|名刺入れ

アルミカードケース プッシュ式
アルミカードケースプッシュ式
アルミカードケースプッシュ式
出典:無印良品|名刺入れ

最後に紹介するのがアルミカードケース

まずはアルミカードケースLサイズの方ですが
こちらのおすすめポイントは、大容量で約45枚ほど入る点です!

その割にはお値段もそこまで高くないのが嬉しいところですねー
やはり、たくさんの方と名刺交換をしていくとどうしても入る枚数は多いほうが良いなと思う方もいるのではないでしょうか

続いてアルミカードケース プッシュ式です
こちらのおすすめポイントはコスパが素晴らしいところです

値段が税込490円とワンコインで買えるのに、約40枚も収納できるところ
さらにプッシュ式で簡単に開けられる、収納スペース内は両側で分けることができてとても便利です

また、名刺入れとして使うのはもちろんですが、以前SNSで流行した「#自作メイクパレット」としてこのアルミカードケースプッシュ式が使われていたのもご存知でしょうか?

名刺入れをメイクパレットとして使う、どういうこと!?という方は無印のメイクパレットが神アイテム!? 自分好みに選んで持ち運びが便利に!を見てみてくださいね!

あとがき

今回は無印良品「名刺入れ」を紹介しました!

素材、入る枚数、機能性と、何を重視するかによって使いやすい名刺入れが変わってきます
4種類ほど紹介しましたが、それぞれのおすすめポイントがあり、わかりやすく分けて紹介しました

社会人の必須アイテムである名刺入れ、耐久性がある、たくさん入る、高級感があるなど人によって選ぶ基準は様々です
無印で名刺入れを買う際に、少しでも参考になればいいなと思います!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする